外国語学部生Nikaの意識低いブログ

外国語学部生Nikaの意識低いブログ

学部のこと、勉強のこと、本や映画のことなどなど……多言語学習者、真面目系クズNikaの勉強ブログ!!

女に教育は必要ないって言われた話

 

どうも!Nikaです。

今日は「女に教育は必要ないか」というお題でいこうと思います。

 

というのも、家の人に最近言われてしまったのです。

つい先日の話です。

 

なんかもう少しいろいろと勉強したいし、ましてや自分の研究したいことは大学ではまだまだ足りてない。一生をかけて研究していきたい。

 

何を思ったのかNikaは大学院へ行きたいと思うようになります。

 

まだ大学2年生だし、そういうことを決めるのは早いといえば早いのですが、一つの道として想定する分には何の問題もなかろう。

 

さしあたっては、親にも一言言っておいたほうがいいのではないか

そう、思ってしまったのです。

 

そこでトラブルが起きます。

 

父と祖父に言われてしまったのでした。

女には教育なんて必要ない。もともと大学にいくのだって反対だった。

お金の無駄だ。結婚すれば、教育なんて関係ない。

 

今時こういうこと言う人いるんですね。いるんです。

 

そこで、今日のテーマに戻るわけです。果たして、女に教育は必要ないだろうか。

 

個人的には必要だと思う人なので、反論していくスタイルでいきます(笑)

 

今って女も外に出て働く時代ですよね。しかも、女はお茶くみしてニコニコ笑っておけばいいなんて時代ではないです。バリバリ働くことが望まれています。

 

これは日本社会全体の動向として、そういう傾向になるのではないかと思っています。

 

しかも、未だに重役には男性が付くことの多い社会で、どのようにそれなりの地位を築いていくのかという問題もあります。

 

そりゃ、マンモス並みに強ければ張り倒せばいいのかもしれません。

でも、「ペンは剣より強し」っていいますよね。

 

それに教養のある人のほうが魅力的ではないですか。

さすがに話すたびに文学の引用をしてくる人はウザったいかもしれませんが、そういうことではなくて。

いろいろなことを知っているということは、その分だけ様々な視点で物事を見ることができるということですよね。(意見の押し付け)

 

そもそも私がこうやって、家の人の意見に疑問を持つのだって、それなりの教養があるからです。

それさえもなかったら、まず疑問に思うこともないでしょうしね。

 

もし私がもっといろいろなことを勉強して、その中でも何か一つのことを極めたとしたら、今思っている以上にたくさんのことに対して「それっおかしいんじゃない?」って考えるようになると思うんです

 

ちゃんといろいろ考えたいし、考えてものを選びたいんです。「女」だってね。

 

 

 

もしも外国語学部が50人の村だったら 3 -失踪編

Здравствуйте! Nikaです!

「もしも外国語学部が50人の村だったら」シリーズ最終回!

 

減り続けてついに残りは17人。

復習すると、50人中………

休学して留学→17人

ストレートで卒業(休学しない留学含む)→16人

でした!!

 

さて、今日は残りの17人について。

バッサリ言いますと………失踪します。

 

なんやねん、失踪て!と思った方!!

本当なんです。とはいえまだ言葉が足りない。説明させていただきますと………

 

失踪とは(Nikapediaより)

専攻言語に嫌気がさしてフェードアウトすること

大学生活が楽しすぎて授業に来ず、テストに失敗して留年すること。多くの場合、そのままフェードアウト。

専攻言語も大学生活も鬱になって、学校に来なくなること。この際、学校から電話があるが、やはり多くの場合フェードアウトしていく。

 

①が7人、②が6人、③が4人くらいかなという感じです。

 

以前に記事でも書きましたが、英語以外の言語専攻の人は少しでもその言語が好きでないとやってられません

 

しかも、語学系の大学の先生は(少なくともうちの学科の先生は)3以下をつけることを躊躇しません(高校で行くと赤点でしょうか、他の大学では不可かも)

 

なぜなら、1年生の内容が分かっていないと、2年生の内容がわからない。2年生の内容がわからないと………ということになるからです。

 

Nikaとて、外国語学部志望の高校生を脅しにかかっているわけではないのです。

 

ただ、現実は知っておくべきだと思います。

 

大学生だから出席しなくても先生が単位をくれるなんて幻想を抱いている人は、絶対に外国語学部に来ない方がいいです。

そんなお情け、外国語学部には存在しないからです。

 

国語学部に来るとしたら、滑り止めで希望言語以外の学科に行ってもいいかななんて思わないでください。

 

なんて言っても、これはNikaの勝手なお願いですけどね。どうせなら一緒に最後まで勉強したいですし。

 

国語学部のこんなこと知りたい!というのがあったら、是非コメントしてください!

 

もしも外国語学部が50人の村だったら2-ストレート卒業編

どうも!Nikaです。

「もしも外国語学部が50人の村だったら」シリーズその2です!

 

今日はストレート卒業編。外国語学部を4年で卒業する人についてです。

※私の学科でしか言えないことかもしれませんので、ご参考程度に!

 

さて、先日のその1の留学編では、50人中休学して留学するのは17人ということでした。

では、ストレートで卒業する人は……?約17人です。

 

この中には、交換留学制度など4年で卒業できる留学制度の利用者を含みます。

17人中で留学しない人はおよそ9人くらいと考えた方がいいでしょう。

となると、全体が50人なので留学しないのは約20%ということです。

 

50-17-16で残りは17人になりました。その17人に関しては、また今度!

 

 

もしも外国語学部が50人の村だったら-留学編

Здравствуйте!!!Nikaです!

今日は久々に外国語学部のことについてお話しします。

 

国語学部といえば留学!!!という人も多いのでは?しかし、みんなが留学するわけではありません!!

 

クラスが50人の村だったとしましょう。

そのうち(4年で卒業せずに)留学するのは、そうですね……17人くらいでしょうか。

 

その17人の内わけはというと、専攻言語の国に留学するのが8人。英語圏が9人くらいだと思います。

 

注意していただきたいのが、この人々は休学して留学する人の数です。

 

夏期短期留学や交換留学など、4年で卒業できるようになっているプログラムは含んでいないのであしからず。

 

少なくともNikaの学科ではこの通りです。

では、残りの33人は??また後日!!! 

Пока!

【本】ここで、君の隣に任意の異性を代入する

Dzień dobry!Nikaです!!

今日は最近読んだ本を勝手にご紹介。

 

『ここで、君の隣に任意の異性を代入する』 竹田真太郎


彼女が欲しい、でも友達は裏切れない。彼女が欲しい、かと言って自分の意思を曲げるのは気に入らない。そんな男子校通いの主人公に救世主現る!?

 

話はそんな感じで、モテない男がモテるにはどうしたらいいかというのを、90人以上をナンパして成功させてきた先生に指南してもらうという流れで進んでいきます。

 

あまりネタバレしてもこれから読もうという人が面白くないと思うので、読んだ人だけが共有できるようなことを書いていくことにします。

 

【設定に関して】数学教師という設定、必要だった???という疑問

 

題名でも数学的なことを仄めかしているものの、実際蓋を開けてみれば数学的なことはありません。

まさかこの題名にするために、「数学」教師にしたということはないですよね??と疑ってしまうほどです。

とはいえ、これも「自分で数学的法則を導き出せ」という作者の意図なのかもしれないので何ともですが・・・。

 

【結局彼女でき・・・??】

 

主人公は先生に指南してもらってから、色々な人(性別関係なく)と出会うようになります。

主人公も少しずつですが成長していっている様子が伺えますが、結局終わりは典型的な「俺たちの冒険はまだまだ続くぜ!!」な終わり方。

それでいいのか!?まだまだ続いたら、その先が気になるでしょうが!!!!!

お預けをくらっている状態ですので、読み終わったからといって100%納得できるものかというと、どこか物足りなさを感じてしまいます・・・。

 

まあ、Nikaは何を読んでも100%納得して本を閉じることなんてないんですけどね!

それでは、またどこかで!Do widzenia!!